足掛け3年!サロンコンセプトが「しっかり」決まるまで

サロンを開業するにあたり
いろんな情報を集める中で知ったのが

「コンセプト」

・・・って、なに!?

サロンをオープンして2年
今は「おうち美容」がコンセプトですが
ここに至るまではたくさんの紆余曲折がありました

なぜ、サロンコンセプトが大事なの?

何となく必要な気がするけど、
その重要性がイマイチよくわからない・・・

サロンコンセプト

ちょっと簡単に説明しますね
(誰のために!?)

サロンコンセプトって、なに!?

「サロンコンセプト」をざっくり説明すると
「このサロンが何を目指しているのか?」ということ

私のサロンがどんな価値を提供して
どんな考え(信念や情熱など)を持っているのか
他のサロンとは、何が違うのか?

事業計画を立てたことがある方なら
経験があると思いますが
サロンコンセプトというのは
事業計画のフレームワークで行う
「ミッション」「ビジョン」「バリュー」と似ています

また、
サロンコンセプトと混同されがちなのが「サロンイメージ」
こちらは、サロンの具体的なイメージを考える作業

例えば、
「淡いピンクを基調にしよう」
「ロゴはこんなふうにしよう」
「バリ風の内装にしよう」
といったサロンの雰囲気を具体的に考えていきます

サロンイメージを考えることは
サロンコンセプトの中にも含まれています

だけど、サロンイメージよりも大切なのが
「私はサロンで何をしたいのか?」と
自分が目指すべき姿を明確にすることです

サロンコンセプトがしっかり決まっることで
その後に続く、サロンイメージやサービス内容も
スムーズに考えていくことができます

私がサロンコンセプトを決めるまで

と、カッコつけて
サロンコンセプトのお話をしましたが

私がサロンコンセプトを
「これだっ!」と明確に決めることができるまで
丸々2年もかかっております・・・

「最初から決めておけよっ!」なんて
突っ込まれそうですが

保育園の利用申請があったため
じっくり考える暇もなく・・・
色々と考えながら動いて(考動!)
今に至っております

「おうち美容専門サロン」誕生

サロンを始めた2年前も今も、
メインターゲットは「働くママ」

私自身も子どもが2人いて
家事育児をしながら個人事業主として働いています

親になるということは
今まで以上に「他者(家族)のために頑張ること」
そう感じることが多くなりました

だけど、家族のために頑張るには
自分がしっかりしていなくちゃ頑張れない

「大切な人のために頑張るママへ」という意味を込めて

以前のサロン名は
「Life for Others(意訳:誰かのために生きること)」でした

実はこの名前は、今も残っていて
このサロンサイトのドメイン(url)が
life4others(=Life for Others).comなのです!

そして、当時のサロンコンセプトは
「自己肯定感を引き出すメイクが学べるサロン」

今考えると
「自己肯定感かメイクか、どっちかにしなよ!」って
思うのですが

当時の私は(今もですが)欲張りでしたねw

どっちも大事だから
両立できる方法を考えていました
だからこそ、コンセプトがはっきりしていなかった

さらに、
私は「顔分析®︎」と「呼吸洗顔®︎」の学び
それを他の人に伝えることができます
(一般社団法人 顔分析鎌田塾の会員ですし・・・)

だから、
「顔分析®︎も教えたら?」
「呼吸洗顔®︎も強みだよね!」なんて
周りから言われると

「そ、そうだよね・・・」と
何となくメニューに加えてしまっていました

開業したての頃は
サロンコンセプトも明確ではなかったから
そのせいでメニューやサービス内容も
「これでいこう!」と決めることができませんでした

「なんか違うんだよなぁ・・・」と繰り返しながら

私が美容で大切にしている思いや
伝えて行きたいことなど
自分自身とじっくり向き合っていくなかで

欲張りな気持ちが落ち着いてきた

「あれもこれも・・・」なんて
気持ちがフワフワすることがなくなったら
自宅でのスキンケアを学べるサロンでいこう!」と
決めることができました

こうして、
『おうち美容専門サロン RiRo』が誕生しました!

サロンコンセプト決定に合わせて
サロンの名前も変更することにしました

「Life 4 Others」だとコンセプトが伝わりにくいし
そもそものコンセプトが変わってしまったし・・・

life for others(他者のために生きる)というのは
私自身の信念の一つでもあり
事業を行なっていく上でも大切にしていることの1つです

だから、名前が変わったからといって
信念が変わることはありません!

むしろ、これからも
この信念を大切に事業や活動を続けて行きたいと思います

大切なことを大切にする

サロンコンセプトや経営理念などは
お客さまに直接関係がある話ではありません

だからこそ、
お客さまの目に触れることは少なく
仮にそんな機会があったとしても
お客さまの立場からすれば
「そうなんだ〜」くらいのことだと思います

お客さまへの影響が直接ないと言っても
サロンコンセプトが明確にあることで
サロンサービスの改善を考えたり
経営面での決定にも関わってきます

つまり、
結果としてお客さまにも
何らかの影響が出てくるということですよね

だから、サロンコンセプトはちゃんと決めましょう!

というお話でした

Scroll to Top
ホットペッパービューティー

ホットペッパービューティー掲載中

RiRo

おうち美容専門サロン