クレンジングオイルの正しい使い方

クレンジングオイルの正しい使い方

こんにちは、きれいのパーソナルトレーナーmamieです。
 
みなさまは、「クレンジングオイル」を使ったことはありますか?
「使ったことがない」という方、
「使ったけれど、肌に合わなかった」なんていう人もいるかもしれませんね。
 
また、「クレンジングオイル=お肌に悪い」
そんなイメージが強いというかたもいらっしゃると思います。
 
クレンジングオイルはお肌への負担が少なく、
素早く汚れを落とし、お肌に栄養を届け、健康で美しいお肌を育てる
非常に優秀なアイテムである反面、使い方を間違えると肌を傷つけてしまう
まさに「諸刃の剣」とも言えるスキンケアアイテムです。
 
私自身は、10年以上もクレンジングオイルを使用していますが
肌トラブルもなく、自慢のお肌を育てることができています♪
 
クレンジングオイルの正しい使い方を身につけて、
健康で美しいお肌を育ててくださいね。

目次

クレンジングオイルの魅力

①簡単

例えば、泡で汚れを落とす洗顔料の場合、
肌への負担を減らすためにはきめ細かな泡を作る必要があります。
しかし、この「きめ細かな泡」を作るには
練習してコツをつかむ必要があります。
最近では直接泡が出てくるポンプ式も登場していますが、
手で泡立てたものに比べると、泡のキメ細かさや弾力は劣ります。
 
また、「ジェル」や「バーム」といった形状も人気があります。
実は、これらの形状はオイルを扱いやすくするために
ジェル状やバーム状にしたものです。
そのため、使う際には、
肌の上でオイル状にして(「転性(てんそう)」と呼びます)から
汚れと馴染ませる必要があります。
手間がかかるだけでなく、
うまくオイル状に戻らないと肌への負担を増やす原因につながります。
 
その反面、オイルは泡立てる必要も転相を行う必要もありません。
ポンプから出したら、そのままお肌へ。
手間がかからないから、
忙しくてもスキンケアでお肌を育てることができます。
この手軽さが1番の魅力です。

②よく落ちる

「クレンジングオイルは洗浄力が強い」
そんなことを耳にしたことがある方もいると思います。
事実、クレンジングオイルは洗顔料の中でも
トップクラスの洗浄力を誇ります。
 
この洗浄力を支えているのが「界面活性剤」。
また、この界面活性剤はクレンジングオイルが嫌厭される
1番の要因だと思います。
 
では、それほど嫌われる「界面活性剤」とはどんなものなのでしょう?
美容雑誌などで説明される「界面活性剤」は
正しく解説されておらず、誤解を招くものも多いです。
そこで、界面活性剤にまつわる誤解を解いていきましょう。
 

「界面活性剤」という物質は存在しない

「界面活性剤」と書くと、あたかも物質の名前のように聞こえます。
ですが、界面活性剤は「水」や「酸素」のような物質を表す名前ではありません。
界面活性剤というのは、「ある特定の性質を持つ物質の総称」として使われます。
その「ある特性」とは一体なんなのでしょうか?
 

異なる性質を持つ物質の界面を活性化させる=界面活性

界面活性剤の特性は、その名前が教えてくれています。
といっても、一般的に使う言葉ではないので説明が必要です。
 
「界面」とは、「境界線」のこと。
化学の世界で言う「界面」は「異なる物質同士の境界線」を意味します。
例えば、「水と油」や「液体と固体(水と水の入ったコップ)」など
違う性質をもつ物質同士の組み合わせは無数にあり、
同じように、たくさんの「界面」が存在しています。
他にも、あなたがスマホでこの記事を読んでいるなら、
あなたの指とスマホの画面は「異なる性質を持つ物質」が触れ合う
「界面(境界線)」があると言うわけです。
 
「活性剤」は「機能を発揮して、性能を向上させる働きがある薬剤」のこと。
「界面活性剤」は「『界面(境界線)』において機能を発揮し、
性能を高めることができる化学物質」の総称となります。
性質が違う2つの物質の境界性で働くことができるよう、
界面活性剤の分子構造は異なる2つの性質を持っています。
この構造のおかげで、界面活性剤は物質の境界線で力を発揮することができるのです。
 

油性の汚れとなじみ、水で洗い流すことができる

界面活性剤には、水の分子と結びつく「親水基」という構造と
水の分子とは結びつきにくい「疎水基」と呼ばれる2つの構造があります。
そのため、クレンジングオイルはファンデーションや皮脂といった
油性の汚れと結合してから水で洗い流すことができるのです。
 
クレンジングオイルの洗浄力は
使われる界面活性剤の性質に大きく左右されます。
「クレンジングオイル=肌に悪い」と一概に言うことはできません。
 

界面活性剤はクレンジングオイル以外にも使われている

クレンジングオイルにまつわる誤解のうち、もっとも大きな誤解は
「界面活性剤はクレンジングオイルにだけ使われている」というもの。
 
実は、乳液やクリームにも界面活性剤は使われています。
高い保湿効果とコッテリした使い心地の正体は、水分と油分。
通常なら混ざり合わない異なる性質を持つ
2つの物質を混ぜ合わせるために使われる「乳化剤」は界面活性剤の1つです。
 
また、「界面活性剤は体に悪い」というイメージも強いようですが
自然界の中にも存在し、食べることができるものもあります。
有名なものでは、牛乳に含まれる「カゼイン」や
卵由来のタンパク質「レシチン」があります。
 
汚れがよく落ち、界面活性剤は洗剤を作るときに必要な薬剤のため
「クレンジングオイルで顔を洗うのは、食器用洗剤で顔を洗うのと同じ」とまで
言われることもあります。
 
しかし、界面活性剤には数え切れないほどの種類があり、その性質も様々。
「界面活性剤」というだけで肌に悪いと決めつけてしまうのは
少々もったいないのではないでしょうか?

③肌に優しい

界面活性剤のせいで肌に悪いイメージが拭えないクレンジングオイルですが、
ほとんどのオイルは肌に優しい成分で作られています。
 
美容サロンでマッサージオイルとして使用されるオイルや
肌との相性がいいオイルをブレンドしたものまで、
ひとくちに「クレンジングオイル」といっても、その中身は多種多様なのです。
 
また、元々オイルには
肌の表面にうつい皮膜を作り、水分の蒸発を防いだり
肌のなめらかさや弾力を保つといった美容効果があります。
そんなオイルを使った洗顔は、お肌の汚れを落としながら
健康なお肌を作ることができる理想のスキンケアなのです。
 
もちろん、中には洗浄力だけが強く
肌に負担ばかりかかるオイルも存在します。
しっかりと見極めることが大切です。

クレンジングオイルの特徴

クレンジングオイルには、他の洗顔料にはない特徴があります。

①素早く広がる「拡散性」

泡の洗顔料に比べ、クレンジングオイルはお肌に乗せると
自然に肌全体へ広がっていきます。
これは、オイルの表面張力が弱いために起こります。
 
泡やジェルよりも素早く肌全体に馴染む特徴のおかげで
クレンジングオイルでの洗顔はより手軽に行えるのです。

②細かな部分も洗える「浸透力」

表面張力が弱いため、毛穴の奥や角質の隙間など
細かな場所にも浸透することが得意です。
 
特に、空気中に花粉や黄砂が舞いやすい時期には
肌の奥(角質層)に入り込んだ汚れも落とすことができ、
肌トラブルを防ぐことができるのです。

③洗い流しやすい「親水性」

クレンジングオイルに含まれる界面活性剤のおかげで、洗い流しも簡単。
さっと水と馴染んで、スッキリと洗いあげることができます。
 
また、使用は必ず「乾いた手と顔」でおこなってください。
濡れた状態で使用するよ、汚れを落とし切れず
肌トラブルの原因になってしまいます。

クレンジグオイル3つのNG

このように魅力たっぷりのクレンジングオイルですが、
使い方を間違えるときれいいなお肌は育ちません。
 
そこで、クレンジングオイルを使い際には
特に注意したい3つのポイントを紹介します。

①なじませ不足

クレンジングオイルはお肌の汚れや古くなった角質を落とすことができますが、
そのためにはまず、汚れの分子とくっつく必要があります。
お肌全体を優しく、まんべんなく触れながら汚れと馴染ませていきましょう。

②乳化不足

クレンジングオイルの洗い流しには、「乳化」と呼ばれる作業を行います。
これは、界面活性剤と水の分子をくっつける作業。
この乳化ができていないと、汚れが肌表面に残ってしまい、
肌荒れなどの原因になってしまいます。
 
乳化を行うときのポイントは「少量の水」を馴染ませていくこと。
一度にたくさんの水で洗い流そうとすると、
乳化が不十分になってしまうからです。
特に、肌への負担を抑えるために
界面活性剤の量を最低限にしているクレンジングオイルの場合は、
比例して、乳化のスピードも遅くなります。
 
汚れを落とすための大切なステップですので、
丁寧に行ってください。

③洗い流し不足

乳化をしただけでは、汚れはまだ残ったままです。
最後に、流水で洗い流してください。
 
特に、顎周り(フェイスライン)は洗い残しが多い部分ですので、
丁寧にすすいでいきましょう。
 
今回は、クレンジングオイルの魅力と正しい使い方を紹介しました。
上質なオイルを使用したクレンジングオイルであれば、
洗いながらお肌に栄養を届け、優しく育てることもできる
まさに万能スキンケアアイテムです。
 
また、時間に追われてるなかでも、
素早く綺麗に汚れを落とせる手軽さも大きな魅力。
 
そんなクレンジングオイルを、
ぜひみまさまのスキンケアに加えてみてはいかがでしょうか?
✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼
     …… ソーシャルメディア ……
✼••┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈••✼
❥ Instagram ⇒ [[@life4others ]]
 》人生を豊かに楽しむメッセージをお届け♪
 
❥ 公式LINE ⇒ [[@life4others ]]
 》美容&サロン情報
 》無料相談&ご予約
 》登録したら、個別チャットで教えてくださいね!
 
❥ Twitter ⇒[[@Life_for_Others ]]
 》プライベートなつぶやき8割
 
 
✼•• Life 4 Othersが提供する3つの時間 ••✼
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
1. 自分自身と向き合う時間
2. 自分を大切にする時間
3. 小さな達成感を積み重ねる時間
 
 
○o。..:*・ 上質な時間で豊かな人生を ・*:..。o○
 
★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サ┃ロ┃ン┃案┃内┃ ~ お肌を育てる時間で「ワタシ」が育つ ~
 
サロンLife 4 Othersでは、makoto kamata visageの
クレンジングオイルであなたのお肌を育てる方法を学べます。
 
☆きれいのことで迷ったら、お気軽にお問い合わせください☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★

Life 4 Others on Instagram

o。. 上質な時間で豊かな人生を .。o
Life 4 Othersの公式インスタグラムでは、
質の高い時間を過ごすヒントをお届けしています。
ぜひ、アカウントフォローしてください♪

✼•• Life 4 Othersが提供する3つの時間 ••✼
𝟙 自分自身と向き合う時間
𝟚 自分を大切にする時間
𝟛 小さな達成感を積み重ねる時間
お問合せ/ご予約は
公式LINEをご利用ください↓
Scroll to Top