クレンジングオイルのよくある誤解

ほんと?クレンジングオイルにまつわる4つの噂

お客様にクレンジングオイルを選ばない理由を伺うと
その多くはクレンジングオイルに対する「誤解」が
原因になっていることがあります
 
そこで、今回はクレンジングオイルに関する
よくある誤解をいくつか紹介しながら
その誤解を解いていければと思います

Table of Contents

誤解① 食器用洗剤で洗うのと同じ?

まず一つ目の誤解がコチラ
 
クレンジングオイルは食器用洗剤でお肌を洗うのと同じ
 
似たようなことを見たり、聞いたことのある方は多いと思いますが
コレは正しくない情報です
 
ではどうして、このような誤解が広まったのか?
 
それは、クレンジグオイルに含まれている
「界面活性剤」に対する間違った認識が重なった結果です
 
界面活性剤と一口に言っても
その種類や特性はたくさんあります
 
ですから、
クレンジングオイルに使われている界面活性剤と
食器用洗剤などに使われている界面活性剤は
種類も特性も、もちろん、洗浄力も全く異なるもの
 
とは言っても、
そのような間違った情報が一度でも出てしまうと
定着したイメージを払拭するのはなかなか難しいのかもしれません
 
詳しくは、以前投稿したこちらの記事にも書いています

誤解② お肌が乾燥する?

2つ目の誤解も、お客さまからよく伺います
 
クレンジングオイルを利用したら肌が乾燥する
 
こちらも、食器用洗剤(界面活性剤)のイメージからきたものです
 
と前置きしつつ、実は半分正解かもしれません
 
なぜなら、クレンジングオイルを使って
肌が乾燥してしまうことが実際にあるのです
 
クレンジングオイルで肌が乾燥する原因とは?
よくある間違った使い方を紹介します
 
❶ 乳化が不十分
クレンジングオイルで洗顔をする際には
「乳化」と呼ばれるステップが必要です
 
乳化とは、
汚れとなじんだクレンジングオイルに少しずつ水を加え
界面活性剤の働きによって脂性汚れと水性汚れをくっつける作業
クレンジングオイルが乳化すると水の色が乳白色に変わるため
このように呼ばれています
 
ところが、クレンジングオイルを使用している方の中には
この乳化が丁寧にできていない方がいらっしゃいます
 
そうすると、オイルのベタつきが肌に残ってしまい
乾燥やニキビといった肌トラブルを引き起こしてしまうのです
 
❷ ダブル洗顔をしている
ダブル洗顔とは、
クレンジングでメイクや皮脂といった脂性の汚れを落としてから
洗顔料で汗や古い角質といった水性の汚れを落とすことです
 
ダブル洗顔を行うことでお肌の汚れをスッキリ落とし
お肌がスキンケアを受け入れるための準備ができます
 
しかし、クレンジングオイルの中には
ダブル洗顔を必要としないものが多くあります
1回のクレンジングで脂性の汚れも水性の汚れも落とせるからです
 
ダブル洗顔不要であることを知らずに
クレンジングオイルと洗顔料で顔を洗っていると
当然、お肌に必要な潤いが奪われていき
お肌の乾燥がすすんでしまいます
 
❸ 肌やメイクに合わないクレンジングオイルを選んでいる
クレンジングオイルといっても、
色々な種類があり、特徴や使い方が違うので
 
今のお肌の状況に合うクレンジングオイルを選びましょう
 
乾燥しているのであればダブル洗顔不要で
保湿効果のあるオイルを使用しているものが良いですし
 
脂っぽさが気になるのであれば
ダブル洗顔で仕上げるタイプを選んでみるのはどうでしょう?
 
使っているうちにお肌の状態も変わっていくので
その様子を確認しながらクレンジングオイルを変えていくことで
肌トラブルのない健康で美しいお肌を育てていくことができます
 
このように、
本来はお肌の潤いを守り、必要な栄養を補いながら
健康で美しいお肌を育てていくことができるクレンジングオイルですが
正しく使えていないばかりに、
かえって肌トラブルを抱えてしまう方は少なくありません
 
 
こちらの記事でも、クレンジングオイルを使う際に
気をつけておきたいポイントをまとめています
ぜひ、併せて確認しながらクレンジングオイルを使ってみてください

誤解③ 脂っぽいベタベタ肌になる?

お肌の乾燥とは反対に、
 
クレンジングオイルを使っていると、肌が脂っぽくなる
 
と言われることもあります
 
当然、これも誤解なのですが
 
そのように思われてしまうのは
誤解②と同様、間違った使い方が原因です
 
クレンジングオイルを正しく使えていなかったせいで
お肌が乾燥してしまい、水分不足を補うために皮脂が過剰に分泌された結果
ベタベタとした脂性肌へ傾いてしまったと考えられます
 
クレンジングオイルを使っていてお肌がベタつきがちという方は
あなたのお肌にあったものを選べているのかも含めて
一度、クレンジングオイルの使い方を確認する必要があります
 
あるいは、クレンジングオイルの正しい使い方を
レッスンで身につけるという方法もあります

誤解④ クレンジングオイルのための洗顔料がいる?

クレンジングオイルは化粧汚れを浮かせるだけで、
洗い流しには別の洗顔料を使う必要があると思っていた
といった声もよく伺います
 
クレンジグオイルでは汚れを浮かすだけ、と誤解して
 
クレンジングオイルで顔を洗うのは手間がかかる
 
そんなイメージを持っている方もいらっしゃるようです
 
確かに、オイルベースのクレンジング剤、あるいは洗顔料には
汚れを浮かせることに特化して
そのクレンジング剤や洗顔料を落とすためには
別の洗顔料が必要といった商品も世の中には存在します
 
ですが、クレンジングオイルの多くは
それ1本で汚れを浮かして洗い流すことができ、
さらにはダブル洗顔も不要というものが多くあります
 
オイルだから、洗い流しにくそう…
そんなイメージを持ってしまうかもしれませんが
 
とても簡単に、手早く、きれいに汚れを落とすことができ、
さらに、洗い上がりのお肌はふっくらもちもちです
ぜひ一度、使ってみることをおすすめします
界面活性剤が使われているから、オイルだから、ということで
あまり嬉しくないイメージが定着してしまっているクレンジングオイルですが
その実態は巷にあふれる噂とは大きく異なるものだと思います
 
簡単に素早く汚れを落とすことができるだけでなく
お肌の潤いを守りながら、必要な栄養も届けて
健康で美しいお肌を育てることができる
とても優秀なスキンケアアイテム
 
それが、クレンジングオイルなのです
 
機会があれば、ぜひ一度、使ってみてくださいね!
Scroll to Top