細胞を知れば、お肌がわかる

スキンケアって、科学。きれいを育てるためには、スキンケアの知識は欠かせません。お肌を育てるために必要なお肌の基本を、細胞に焦点を当てて説明します。

お肌は何で作られているの?

これまでの美容コラムを読んでいただいて、「お肌は細胞で作られている」ということは知っていただけましたか?

お肌だけでなく、私たちの体は小さな細胞が集まってできています。
肌の細胞のように、顕微鏡を使わないと見えないほど小さなものから、足の神経細胞のように肉眼でも確認できる大きな細胞まで、大きさや種類は様々です。ですが、どの細胞も基本的な構造や仕組みは共通しています。また、細胞同士で情報を共有することで、「人体」という大きな存在を生かしています。

特に、体の外側と内側を分けているお肌(皮膚)の細胞はたくさんの種類があり、互いに影響し合いながら、私たちの体内を守る働きを担っています。

表皮を作る4つの細胞

そんなお肌のうち、もっとも重要な役割である「守る」の最前線に立っているのが、お肌の表面を覆う「表皮」と言われる薄い層です。表皮の厚みは、平均して約0.2mm。とても薄い層ですが、その中には主に4種類もの細胞が存在して、働いています。

下の図は、表皮部分をイラストにしたものです。表皮は、上層部(外側)から順に、角層、顆粒層、有棘層、基底層と4つの層に分かれています。また、図のように、角層を角層と透明層の2層に分けて呼ぶこともあります。

表皮のうち、最も外側にくる角層は「角化細胞」と呼ばれ、核をもたない「死んだ細胞」です。いずれは「垢」として剥がれ落ちてしまう細胞ですが、スキンケアにおいては重要な細胞です。というのも、肌の滑らかさやキメといったことは、この角層の状態によって大きく左右されるのです。また、角層には体温を保ったり、肌に必要な潤いを保つといった働きもあります。

スキンケアは角層ケアと呼ばれるほど、健康だけでなく美容にとっても大切な細胞の集まりです。

角層の下に続くのは、「天然保湿因子(NMF)」と呼ばれる保湿成分を作り出している顆粒細胞です。細胞の中に、小さな粒があるのですが、これからが保湿成分の材料になります。

その下には、有棘層と呼ばれる層がひろがっています。この層を作っている有棘細胞は、顕微鏡で見ると「棘(トゲ)」でつながれたように見えるため、その名前がつきました。表皮内の自己防衛を主に担当しています。

そして、表皮の一番下には、基底細胞と呼ばれる細胞が1層の「基底層」を作っています。ここでは、新しい細胞が次々と生み出されています。ここで生まれる細胞の状態によって、お肌全体の状態も変わってきます。また、基底細胞は「基底膜」と呼ばれる構造とつながり、体の内側との連絡係としての役割も持っています。

お肌のために働く細胞

それぞれの層を作っている細胞内では、その細胞の役割に合わせて様々な化学反応が繰り返されます。

角層は死んだ細胞で作られてはいますが、その細胞の隙間にはたくさんの水分を閉じ込め、私たちの体を乾燥から守ってくれます。そして、角層内の水分維持を手助けするために、顆粒細胞内では保湿成分を作り出し、角層全体へ送り出します。

このように、角層が潤いで満たされるだけでも、肌は乾燥をはじめとする外部からの様々な刺激から守られます。また、この水分があるおかげで、細胞内をパトロールする物質も、スムーズに動くことができるのです。

元気な細胞と美しいお肌

「美しい肌」は、多くの人が憧れるものです。
そして、肌の美しさのために、様々なスキンケアや美容法を試しているのではないでしょうか?

しかし、「美しいお肌」だけを求めても、手に入れることは難しいものです。
実は、私たちの体にとって「美しさ」というのはあまり重要ではありません。

その反面、「外部の変化に影響されにくいこと(ホメオスタシス)」は、私たちの生命を維持していくためにとても大切なことです。そのため、私たちの体を作る細胞は、その1つ1つが外部の変化に影響されないようにするのはもちろんのこと、集合体としての「人体」そのものも、外部の環境変化にされないように働いています。つまり、「ホメオスタシス(体内の環境を維持する仕組み)」は、健康な体そのものでもあるのです。

そして、健康な体というのは、年齢を問わず色艶が良く、ハリがあり、活力に溢れているものです。また、これらは「美しさ」の基本的な条件として考えられることもあります。

「健康な体を土台とした美しさ」は、ゆるぎないものである。
これは、多くの方が気づいていることではないでしょうか。

健康のその先にある「揺るぎない美しさ」に向けて、できることは何か?
細胞レベルで健康について考えることも、決して無駄ではないと思いますよ。

スキンケア

次回の美容コラムは…

次回の美容コラムは、新シリーズ「スキンケアの基本:洗う」になります。

化粧水や美容液にこだわる方は多いようですが、洗顔はどうでしょうか?
お顔の汚れをきちんと落とせていないと、肌へのダメージになるだけでなく、せっかくこだわった美容成分もうまく浸透しません。洗顔についての正しい知識を身につけて、毎日のスキンケアに生かしてくださいね。

美容コラムの更新は毎週水曜日です。お楽しみに!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email
Share on print
Print

「細胞を知れば、お肌がわかる」に1件のコメントがあります

  1. ピンバック: Life 4 Others - 細胞とは何か - Beauty - 美容コラム

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top

レッスンメニューに関するお問い合わせ

気になることがございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。
ご連絡内容の確認後、2〜3営業日を目安に連絡を差し上げております。

無料相談メールフォーム

メールでの相談をご希望の方は、こちらにご入力ください。
より具体的なアドバイスのため、ご相談内容はできるだけ詳しくご入力くださいませ。
尚、アドバイスの返信まで2〜3営業日かかります。予めご了承くださいませ。

送信前に、入力内容をご確認くださいませ。

お問い合わせ

コラボや接客力向上レッスンなど、気になることがございましたら
お気軽にお尋ねくださいませ。
2〜3営業日を目安に返信させていただいております。