美容液で補う

スキンケアで気になることの1つは、「美容液」や「美容成分」ではないでしょうか?ところで、「美容液」とは一体どんなものなでしょうか?本当に効果はあるのでしょうか?今回は、スキンケアにこだわりたい人にもオススメの美容成分も紹介します。

「美容液」って何?

「美容液」と聞くと、皆様はどんなことをイメージされますか?
「シミが取れる」「シワが消える」「効果が高い」…そういったイメージが強いでしょうか?

実は、「美容液」には正確な定義はありません。
一般的には、保湿や美白などに関わる訴求成分や有効成分が多く含まれてはいますが、配合量が決まっているわけではないのです。そして、スキンケア用品の種類別名称も各ブランドが自由につけることができます。そのため、「美容液」と名前がついていなくても、訴求成分や有効成分がたっぷり含まれる化粧水や乳液も存在するのです。また、テクスチャーも水っぽいものからクリーム状のものまで様々です。

このように、「美容液」には正確な定義がありません。しかし、他のスキンケアアイテムよりも美容成分が多く含まれる傾向があるのも確かです。美容液を選ぶ時には、お肌に合わせた美容成分が含まれているものを選ぶのがおすすめです。

お肌に塗るだけで、効果はあるの?

ところで、「美容液って、本当に効果があるの?」と感じる方も少なくないようです。

実は、「化粧品」というのは、医薬品医療機器等方という法律で次のように定義されています。

人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容ぼうを変え、又は皮膚若しくは毛髪を健やかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なもの

医薬品医療機器等方(電子政府の総合窓口)

つまり、「化粧品」というのは体を清潔にして健やかに保つことが目的で、なおかつ人体への影響が緩和なものです。そのため、「美容液だから効果がある」とは言いにくいのです。

その一方で、美容液には最先端の美容技術が使われることが多くあります。例えば、成分が浸透しやすいように小さくする技術(ナノテクノロジー)や、成分が表皮内で長く留まるようにする技術です。また、厚生労働省が許可した有効成分を一定量以上配合し、なおかつ化粧品としての機能併せ持つ「薬用化粧品」というものもあります。

このように、法律上の定義だけを見ると、美容液を使う効果はあまりないように感じます。
しかし、「全く効果がない」という訳でもありません。

スキンケアを続けることで、肌は清潔に保たれ、また健康になっていきます。そして、その結果として「美しい肌」が育ってくるのです。ですので、美容液に限らず、スキンケア用品は「効果があるかどうか?」ではなく、「続ける」ことが重要だと思います。

「美容液を使う意味はある」と思いますし、「効果はある」のではないでしょうか。

オススメの美容成分

美容液は、他のスキンケアアイテムに比べて値段が高い傾向があります。
せっかくお金をかけて美容液を選ぶのなら、効果が高い成分を含んだ美容液を選びたいものですね。

美容液は、その特徴で主に3つのカテゴリーに分けることができます。オススメ美容成分も載せていますので、お肌に合う成分を選んでくださいね。

  1. 保湿美容液(保湿を目的にした保湿成分を多く含む美容液)
    • セラミド
    • コラーゲン
    • ヒアルロン酸
  2. 美白美容液(メラニンの生成を抑えたり、ターンオーバーを促す成分を含む美容液)
    • ビタミンC誘導体
    • アルブチン
    • トラネキサム酸
  3. アンチエイジング美容液(抗酸化作用のある成分を含む美容液)
    • 油溶性甘草エキス
    • 白金(プラチナ)
    • オウゴンエキス

もちろん、これら以外にも効果が期待できる美容成分は多くあります。全ての人に「コレが効く!」という成分はありません。色々と試していくことで、あなたのお肌に合う成分に出会えますので、まずは試してみてくださいね。

また、人によっては刺激が強く感じるものもあります。使用中、刺激や違和感を感じたときは、すぐに使用を中止して、医療機関を受診するなどしてください。

「直接届ける」発想は、食事よりも合理的

「お肌を健やかに保つ」ことは、スキンケアを行う目的の1つです。
そして、「お肌の健康」というのはスキンケアだけでは足りません。健康のためには、質の良い睡眠や適度な運動、バランスの良い食事なども必要です。

ところで、「食事」に関して言えば、「食べたものが全てお肌のために使われる」ということは、残念ながらありません。お肌の健康は、とても重要ですが、体はお肌にばかり気を遣う訳にもいかないのです。

そういった観点から、「お肌に必要なものを直接届ける」という発想のスキンケアは、とても合理的だと思います。

特に、表皮では「バリア機能」を保つためにも、「水分と油分のバランス」は重要です。表皮はすぐに触れる体の外側にあるのですから、食事から摂取して表皮に使われるのを待つよりも、直接届けてしまう方が効率がよいのです。そのため、保湿を目的としたスキンケアアイテムの多くは、保湿成分をすぐに使いやすいよう設計されています。

お肌と生活スタイルに合った美容液を選び、健康で美しいお肌を育ててくださいね。

次回の美容コラムは…

次回の美容コラムは「ホシツ」について。

あなたが何気なく行なっている、ソレは…「補湿」ですか?それとも「保湿」でしょうか?
「化粧水を使うと乾燥する」という気になる情報についても解説します。

美容コラムの更新は毎週水曜日です。お楽しみに!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email
Share on print
Print

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です