title image-jul03

2種類の汚れ:水性の汚れ・脂性の汚れ

毎日外気にさらされている私たちのお肌には、実はたくさんの汚れが付いています。そして、汚れには大きく分けて2種類あります。汚れの特性によって落とし方が異なりますんので、その違いを知ってくださいね。

汚れは大きく分けて2種類

「顔の汚れ」と言っても、実は大きく2つに分けられます。1つは、汗や角質といった比較的簡単に、水や洗顔料で洗い落とせるもの。そして、もう一つはメイクや皮脂と言った、水洗いでは落としにくい汚れです。

水で落としやすい汚れは「水性汚れ」と言われることもあります。その反対に、皮脂などの汚れは「脂性(油性)汚れ」とも呼ばれます。私たちの顔には、この2種類の汚れがついていて、スキンケアではこれらの汚れをきれいに洗い落とすことが重要です。

水性汚れの落とし方

汗やほこり、角質といった、水性の汚れは水で簡単に洗い落とすことができます。とはいうものの、毛穴の奥に入ってしまうこともあるため、単に「水洗い」するだけでは不十分です。特に、アカとなって剥がれ落ちる角層細胞は、簡単には落ちない構造になっているので、水洗いだけで角質ケアを行うことは難しいと言えるでしょう。

こういった水性の汚れは「洗顔料」を使って落とすのが効果的です。
また、最近のメイクでは「石けんで洗い落とせる」というタイプが多くあります。こういったメイクアイテムも、洗顔料を選べば洗顔のみで洗い落とすことが可能です。

脂性汚れの落とし方

皮脂やメイク汚れというのは、水で洗い流すことが難しい汚れです。特に、メイク用品は、汗などで流れ落ちないように「油性成分」が使われていることが多くあります。

こういった汚れは、「クレンジング剤」を使って落とすのが効果的です。クレンジング剤は、油性の汚れとくっつくことで、その後の水洗いで汚れが落ちやすい仕組みになっています。また、アイメイクだけをしっかりしているのであれば、ポイントメイクを落とす「メイクリムーバー」を使うのも便利です。

oil texture

汚れをそのままにしておくとどうなるのか?

汚れの種類によって洗顔料を変えるのは、意外と面倒なことです。だからと言って、汚れが残ったままにしておくことも、お肌のためにはよくありません。

特に、メイク汚れが残っていると、肌の上で酸化してしまいます。そうなると、肌のくすみや色素沈着などの原因にもなってしまいます。また、皮脂汚れは毛穴つまりの原因にもなるため、ニキビや肌荒れといったことにつながりかねません。

できれば、帰宅後はすぐに肌の汚れを落とし、少しでも肌への負担を取り除きたいところ。
帰宅後の洗顔は、気分がリフレッシュするので、個人的にもおすすめです。

次回の美容コラムは…

次回の美容コラムは「W洗顔」についてです。

「W洗顔」という言葉は聞いたことある方、多いのではないでしょうか?
一体、どんな洗顔方法なのでしょうか?詳しく説明していきます。

美容コラムは毎週水曜日に更新です。お楽しみに!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email
Share on print
Print

“2種類の汚れ:水性の汚れ・脂性の汚れ” への3件のコメント

  1. ピンバック: オイルクレンジングならW洗顔は不要 - Life 4 Others

  2. ピンバック: 洗顔はメイクとのバランスが大事 - Life 4 Others

  3. ピンバック: W洗顔とは何か? - Life 4 Others

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です