ターンオーバーを意識したスキンケア

ターンオーバーを意識したスキンケア

みなさんこんにちは、Life 4 Others運営のmamieです。

「ターンオーバー」というお肌のリズムを意識したスキンケアを行う参考になるよう、ターンオーバーの基本について説明したいと思います。美容雑誌や化粧品を買う時にもよく目にする「ターンオーバー」について、「聞いたことない」「名前は聞いたことあるけれど、なんのことかよくわからない」という方、ご自身のお肌の事ですのでぜひ知っておいてください。「スキンケアのための肌知識」をまだ読んでない方は、肌知識を深めるために合わせて読むことをお勧めします。

「もう知っているよ。」という方も、改めてご自身の肌と向き合い「ターンオーバーを意識したスキンケア」を行なっていただくきっかけになれば嬉しく思います。

もくじ

ターンオーバーとは何か

  1. お肌がもっている約28日のサイクル
  2. サイクルの乱れは肌トラブルの始まり

ターンオーバーを意識したスキンケアとは何か

  1. 自分の肌の状態を把握しましょう
  2. お肌全体の様子を見ていきましょう

ターンオーバーのサイクルを整える:なぜサイクルが乱れるのか

  1. 外的要因
  2. 内的要因

まとめ:体のサイクルを感じながら

ターンオーバーとは何か

1|お肌がもっている約28日のサイクル

スキンケアのための肌知識(1月15日投稿)」で説明しましたが、私たちのお肌というのは、基底層で生まれたお肌が積み重なってできています。表皮内部は細胞の成長によって4つの層に分かれていて、一番外側の層は「角化細胞」と呼ばれる死んだ細胞が十数層積み重なってできています。そして、この角化細胞もやがては「垢」となって剥がれ落ちていきます。

肌のターンオーバー
© koti - stock.adobe.com

基底層で生まれた細胞は、成長を続けながら約14日かけて表皮の上層へ押し上げられていきます。そして、脱核(細胞内の核がなくなり、死んだ細胞になること)して角化細胞へと変わります。この角化細胞は、他の角化細胞と共にお肌を守る防衛最前線として働きます。そして、およそ14日後、役目を終えた角化細胞は「垢」となって私たちの肌から剥がれ落ちていくのです。細胞が生まれてから垢となって剥がれ落ちるまで、約28日かかります。この細胞が生まれ変わるサイクルをターンオーバーと言います。

ターンオーバーは「お肌のサイクル」ではない

ターンオーバーの説明をした際、「お肌全体」のイメージとして捉えがちですが、実はこの約28日というサイクルは「1つの細胞のサイクル」であって、「お肌全体のサイクル」ではありません。しかし、例えば顔のお肌全体のサイクルがおよそ均一にそろっていれば、全体としては同じペースで生まれ変わりのサイクルを繰り返していることになります。それでも、お肌全体の生まれ変わりというのは「モザイク状」に行なわれているため、スキンケアを行いお肌の変化を実感するには「最低でも約1ヶ月」はかかるのだということを知っておいてくださいね。

2|サイクルの乱れはトラブルの始まり

お肌の生まれ変わりサイクルがリズムよく回っているということは、お肌のどの部分もダメージを受けた時でもすぐに修復することができ、トラブルが少ないお肌と言えるでしょう。しかし、この生まれ変わりのサイクルは加齢やストレスなどで乱れてしまうのです。すると、リズムの乱れはお肌全体へ影響を及ぼし、肌トラブルが目に見えてくるようになります。

例えば、

毛穴まわりの細胞の生まれ変わりサイクルが乱れてしまうと、毛穴まわりで古くなった細胞が毛穴を防いでしまいます。すると、触った時にはザラつきを感じるでしょう。また、毛穴内の酸素量が減ることで嫌気性の細菌であるアクネ菌などが増殖し、ニキビの原因となるでしょう。

また、生まれ変わりのサイクルが早すぎると、角化細胞同士のバリア機能が不完全なまま外界へさらされることになります。そうなると、刺激に対して過敏になり、ヒリつきを感じたり、肌の潤いを保っていることが難しくなるため、肌が乾燥しやすくなるでしょう。そうすると、さらに肌は過敏になり、悪循環へとつながります。

お肌の生まれ変わりのサイクルを整えることは、健康で美しいお肌を育てるためには必要不可欠なのです。

そのために、ターンオーバーを意識したスキンケアを紹介します。

ターンオーバーを意識したスキンケアとは何か

以前にも紹介しましたが、スキンケアには、「肌のターンオーバーを整える(『スキンケアの基本:洗う、補う、守る(1月16日投稿)』」という役割があります。スキンケアを正しく行うことは、落ちにくくなった角化細胞を優しく洗い落としたり、お肌のバリア機能をサポートして、生まれ変わりのサイクルを整えていくことにつながるのです。

1|自分の肌の状態を把握しましょう

何よりも大切なのは、ご自身の「今のお肌」を知ることです。洗顔後のお肌を、両手で優しく包み込んで、手のひらで感じてみてください。どのように感じますか?

薄皮の下に、ふっくらと柔らかいものに触れるような感覚はありますか?

それとも、カサカサと既に乾燥を感じていますか?あるいは、すこしザラリとした感覚があるお肌かも知れませんね。

理想的なお肌の触り心地は、まるでしっとりとなめらかな薄皮の下にふんわりとしたスポンジを包み込んだような、柔らかく「ふんわり」という表現がぴったりのお肌です。

基礎化粧品の販売員として多くの女性のお肌を見て、触れてきましたが、こういう「気持ちのいいお肌」といのは年齢に関係なく、スキンケアや心持ちようなどで変わってくるものなのです。気持ちのいいお肌についての詳しいお話は、また別の機会にさせていただきますね。

2|お肌全体の様子を見ていきましょう

ご自身のお肌を知ったら、あとはスキンケアをするだけです。まずは、「スキンケアの基本:洗う、補う、守る(1月16日投稿)」を参考に、シンプルなスキンケアから始めてくださいね。そして、肌ダメージを予防する「日焼け止め」は忘れずに使用してください。

そして、まずは2~3ヶ月後のお肌の様子を改めて確認してみましょう。少し変化があるでしょうか?

あまり変化を感じられないという時は、ターンオーバーのサイクルが乱れているため、もう少し時間がかかるでしょう。改めて、2~3ヶ月続けてみてください。肝心なのは、時間をかけてゆっくり、丁寧にスキンケアを行うことです。日々の雑務に追われ、気持ちが焦ると大切なご自身のお肌も雑に扱ってしまうものです。大事に、大事に、触れてください。

「少しふっくらしてきた!」という方、生まれ変わりのサイクルは乱れやすいものです、サイクルを定着させるため、同じように2~3ヶ月スキンケアを続けましょう。もし、シミやシワなど気になるところがあり、特別なケアをしたいという時は、アイテムを1つだけ変えましょう。一度に全てのスキンケアアイテムを変えてしまうと、またお肌の変化があった時にどのアイテムが主な原因になったのかわかりにくくなるためです。

ターンオーバーのサイクルを整える:なぜサイクルが乱れるのか

ではどうして、ターンオーバー(細胞の生まれ変わりのサイクル)は乱れてしまうのでしょうか?

残念ながら、原因は1つではありません。私たちの体の働きや日々の生活は、私たちが想像する以上に複雑だからです。

とはいても、ターンオーバーのサイクルを考える時に参考にしてほしい要因はいくつか上げることができます。それぞれ、「外的要因」「内的要因」と分けて紹介していきます。

1|外的要因:環境や体の外側からの刺激によるもの

外的要因には、「花粉」「汚れた空気」といった環境によるもの、他にもお肌に合わないスキンケアを行なっていとして「過度のピーリング(角化細胞の層を剥がし過ぎてしまう)」「洗い過ぎ(摩擦によって角化細胞を剥がしてしまっている」ということもあるでしょう。また、ケガをした際にも傷の深さによっては角層よりも下層までダメージが言ってしまい、周辺の細胞のターンオーバーサイクルが乱れる原因となります。

2|内的要因:体の内側からの刺激によるもの

内的要因のもっとも大きな要素は「心理的ストレス」でしょう。また、「生活リズムの乱れ」というものもあります。これらは、体のリズムを整えるために必要なホルモンの分泌にも影響を及ぼします。お肌の細胞の生まれ変わるサイクルというもの、私たちの体の中で分泌されているホルモンの影響を受けています。体全体のホルモンバランスが崩れると、当然、お肌にもその影響が出てくるわけです。

まとめ:体のサイクルを感じながら

今回は、スキンケアの基礎知識をサポートする「ターンオーバー」について説明しました。

ターンオーバーは、私たちの体が持っている「生きるためのサイクル」の1つです。つまり、このサイクルは美容やお肌の観点だけでなく、私たちが健康に生きていくためにも必要なサイクルだということです。

私たちの体の中には、様々なサイクルが存在し、絶妙なバランスでその命のリズムを刻んでいます。ご自身の体がもっているターンオーバーをはじめとする様々なサイクルとそのリズムを感じていただければ、毎日のスキンケアも特別な時間として楽しんでいただけるのではないかと思います。

Beautyカテゴリーの記事

美容液で補う

「美容成分」と聞くと、何だかワクワクしてしまいませんか?今回の記事は、そんな気になる美容成分と美容液についてです。また、スキンケアにこだわりたい方にもオススメの美容成分も併せてご紹介しています。

続きを読む »

化粧水で補う

汗をかいたり、洗顔をしたり、お肌は意外と乾燥しがちです。だからこそ、洗顔後の潤いケアは特に大切なステップになってきます。今回の記事では、そういった保湿の基本や最近よく耳にする「セラミド」についてもお伝えします。​

続きを読む »

オイルクレンジングならW洗顔は不要

薄づきメイクも、しっかりメイクも、オイルクレンジングならW洗顔不要できれいに洗うことができます。また、オイルクレンジグには欠かせない「乳化のコツ」や気になる「界面活性剤」についても説明します。

続きを読む »

洗顔はメイクとのバランスが大事

洗顔料を選ぶ時、何を基準に選んでいますか?値段、使いやすさ、何となく気になるもの?実は、メイクと洗顔料のバランスが悪いと、お肌悩みの原因になることもあります。メイクを洗顔料のベストバランスについて考えてみませんか?

続きを読む »

W洗顔とは何か?

お肌の汚れをきれいに落とす。そのためには、「W洗顔」は有効です。「洗い過ぎが心配…。」という方も、このコラムで正しい洗顔方法を知って、お肌に優しいW洗顔を行なってくださいね。

続きを読む »
title image-jul03

2種類の汚れ:水性の汚れ・脂性の汚れ

毎日外気にさらされる私たちのお肌には、実はたくさんの汚れがついています。そして、汚れには大きく分けて2種類あります。汚れの特性によって落とし方が異なりますので、その違いを知ってくださいね。

続きを読む »

“ターンオーバーを意識したスキンケア” への4件のコメント

  1. ピンバック: そろそろ始めたいUVケア - Life 4 Others

  2. ピンバック: 美肌を育てる 洗顔の基本 - Life 4 Others

  3. ピンバック: スキンケアのための肌知識 - Life 4 Others

  4. ピンバック: スキンケアの基本:洗う、補う、守る - Life 4 Others

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です