化粧水を浸透させるコツ

化粧水を浸透させるコツ

こんにちは、Life 4 Others運営のmamieです。今日の記事は、「化粧水を浸透させるコツ」をお伝えします。
みなさまな、乾燥肌でしょうか。それとも、皮脂の分泌が多いオイリー肌でしょうか。実は、そのどちらも「お肌の潤い不足=乾燥」が原因ということをご存知でしたか。「毎日保湿をしているのに、なりたい肌に近づけない」という方は多いのではないでしょうか。もしかすると、毎日何気なく行なっている「保湿のやり方」が間違っているのかも知れません。新しい化粧水を買う前に、まずは試していただきたい「化粧水を浸透させるコツ」についてお話させていただきます。

もくじ

潤いのある肌はトラブル知らず

1|お肌のバリア機能を支える
2|紫外線によるダメージも軽減
3|お肌の内側が乾燥する「インナードライ」とは?

化粧水を浸透させるコツ

1|汚れを落とす
2|少量ずつ
3|手のひら全体で包むこむように押し込む

まとめ:優しく、丁寧に

潤いのある肌はトラブル知らず

まずは、どうしてお肌の潤いは大切なのでしょう。それは、美しい見た目だけの問題ではありません。お肌の潤いは私たちが生きていくために必要不可欠な条件です。以前の記事でも触れましたが、私たちの肌の最も外側に存在する肌の層「角層」は「角層細胞」と呼ばれる死んだ細胞が重なり合って作られています(参考記事:スキンケアのための肌知識)。この角層細胞は私の体から水分が奪われるのを防ぐ働きも持っています。
もしも、私たちの角層からどんどん水分が奪われればどうなるのでしょう。あまり考えたくはありませんが、角層細胞同士は安定してくっつていることが難しくなり、剥がれ落ち始めるでしょう。そして、剥がれた細胞の間からさらに水分が奪われていきます。それだけではありません。肌は荒れてガサガサになり、パックリとひび割れを起こす箇所もでてくるのです。さらには、肌に触れた成分で刺激を感じたり、細菌やウイルスが侵入して健康に害を及ぼすかもしれません。このような状態が起こると、生きていくことが困難になっていきます。肌の潤いはそのまま、肌の防衛機能でもあるのです。

1|お肌のバリア機能を支える

それでは、これらお肌のバリア機能について、もう少し詳しく見ていきましょう。
お肌の角層には、角層細胞だけでなく、「角層細胞間脂質」と呼ばれる脂質が存在しています(参考:花王スキンケアナビ「角層の細胞間脂)。この脂質の主な成分はセラミドやコレステロールです。
これらの角質細胞間脂質というのは、角質細胞同士をくっつける役割も担っています。その中でも、セラミドは角質細胞間脂質のおよそ50%を占める重要な物質です。セラミドは、顆粒層の細胞内に存在する層板顆粒の中に閉じ込められていますが、角化細胞が脱核する際に層板顆粒から放出されます(参考:あたらしい皮膚科学第3版)。そして、このセラミドはスポンジのように肌の潤い(水分)を蓄える性質があります。
角層細胞間脂質は、角層細胞と角層細胞の間を隙間なく埋めることで、体の外から刺激物や細菌が侵入するのを防いだり、体内から水分などが蒸発するのを防いでくれるのです。そして、この機能を「肌のバリア機能」と呼んでいます。よく、角層細胞はお肌を守る「ブロック」、角層細胞間脂質はそのブロックの間を埋めて接着する「コンクリート」というように例えられます。

2|紫外線によるダメージも軽減

このお肌のバリア機能のおかげで、私たちのお肌は様々な環境の変化から守られていると考えられています。そして、美肌の大敵といえば「紫外線」もお肌のバリア機能である程度防ぐことができると考えられています。
紫外線は光の一種ですが、赤や黄といった目に見える光(可視光線)と違い、目で見ることができません(不可視光線)。しかも、その光のエネルギー量は多く、また遠くまで届くことができます。それはつまり、紫外線が肌に当たれば、その一部は光エネルギーとして肌の中へ侵入してしまうということです。乾燥した肌では紫外線が肌の表面で拡散されにくく、そのまま角層よりも下の層まで紫外線が届いてしまいます。そうなると、紫外線によってお肌の内部がダメージを受け、シミやシワの原因となっていくのです。
しかし、保湿ケアの行き届いた肌は潤いがあり滑らかです。肌表面で紫外線を拡散させることができるので、紫外線によるダメージを軽減することができます。また、UVケアアイテムも均一に塗ることができるため、「守りの効果が出やすい肌」でもあります。

紫外線と肌の潤い
© metamorworks -stock.adobe.com

3|お肌の内側が乾燥する「インナードライ」とは?

ところで、みなさまは「インナードライ」という言葉を聞いたことがありますか?雑誌などでも目にする機会が多いので、「言葉は知っている」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
インナードライとは、お肌の内側(インナー)が乾燥している(ドライ)状態です。脂っぽいのに乾燥して言るお肌ということで、「脂性乾燥肌」と呼ばれることもあります。その特徴として、お肌そのものは乾燥しているため、つっぱるような感覚があるものの、肌の表面は皮脂の分泌が活発でベタつているというものがあります。これは、角層内部の水分不足を油分で補うために皮脂が過剰分泌されることで起こります。インナードライのお肌は、水分と油分のバランスが崩れた状態のため、改善には保湿が欠かせません。

化粧水を浸透させるコツ

お肌にとって水分(潤い)が必要だということは、何となく理解していただけましたでしょうか。次は、化粧水を角層内へ浸透させるコツを具体的に紹介していきたいと思います。

1|汚れを落とす

化粧水というのは、どのブランドでも浸透しやすいように設計されているのですが、お肌が化粧水を受け入れやすい状態になっている方が断然効率よく浸透していきます。化粧水が浸透しやすい状態というのは、化粧水の浸透を妨げる汚れや油分が少ない清潔なお肌の状態です。少し乾燥気味の方が、拡散の原理で浸透しやすい時もあります。
最近では、朝に洗顔料を使わないという方もいらっしゃるそうです。しかし、寝ている間も皮脂は分泌されていますし、空気中の目に見えない塵やほこりが顔の表面についています。特に、皮脂は油分ですので水でやぬるま湯では落としきることができません。そのままにしておくと酸化してしまい、肌への刺激にもつながります。お肌の状態にもよりますが、朝も洗顔料を使って顔を洗うことをおすすめします。(参考記事:美肌を育てる 洗顔の基本

2|少量ずつ

スキンケアを始めたばかりの頃はお肌の表面が整っていないため、思うように肌の変化を実感できないものです。それは、化粧水の浸透も同じです。そんな時は、少量ずつ手にとってなじませていくのがコツです。一般的には、一回に出す化粧水の量は100円玉程度が多いようです。しかし、「浸透していないな。肌馴染みが悪いな。」と感じる時には、1円玉くらいの大きさから初めてみてください。
特に、乾燥が進んでいるお肌というのは、洗顔をしても肌表面は細かな凹凸がある状態で化粧水が浸透しにくくなっています。そのような状態では、一度にたっぷり化粧水をつけてもなかなか浸透しません。そんな時には、少量づつ丁寧に浸透させてください。少し時間がかかりますが、確実にお肌の奥(角層内部)まで潤いを届けることができます。

3|手のひら全体で包むこむように押し込む

化粧水を手にとったら、まずは両手のひら全体に伸ばしましょう。そして、そのまま両手でお顔を包み込むように優しく、手のひら全体を使って浸透させます。スキンケアに慣れていない方は、指先が伸びてしまう方が多くいらっしゃいます。鏡を見ながら、指先までしっかりと肌に触れているか確認してください。
お肌を包み込んだら、ゆっくり息を吐きながら、ほんの少しお肌に圧をかけるように化粧水を押し込んで浸透させていきます。以前は、化粧水を「叩き込む」イメージがあったようです。しかし、叩き込むと刺激になりやすく肌トラブルにも繋がりますので、優しく押し込むように浸透させてください。
また、よく忘れがちなのは「顎下(フェイスライン)」の保湿です。この辺りもお顔同様に皮膚が薄く、乾燥しやすい場所です。顎の下からしっかりと手のひら全体を押し当てて、化粧水を浸透させてください。目や小鼻の周りといった細かな場所は、指先や「親指の付け根」を優しく押し当てて浸透させてください。特に、「下まぶた」は触れているようで触れていない場所なので、指の腹全体を横に使って丁寧に浸透させてください。

化粧水が浸透したサインは、触れるとお肌が吸い付くような感覚があったり、少しひんやりと感じたり、「水っぽいツヤ」が出てくるといったものです。さっぱりとした感覚が好きな方は、お肌が潤った時に現れるツヤが皮脂によるベタ付きではないかと気になることがあるようです。しかし、潤いによるツヤは皮脂よるベタつきとは似て異なるものです。お肌に触れていただくとよくわかるのですが、潤ったお肌はベタついた感じはないものの、「ピトッ」と吸い付くような感覚があります。湿った指の方が紙をめくりやすかったり、水に濡れた物が壁などにピタリとくっつく時と同じ原理(分子間力の働き)で、角層表面まで潤いが十分あるお肌は触れると吸い付きやすくなるためです(参考:「化学【5分で分かる】分子間力(ファンデルワールス力・極性引力・水素結合)とは」)。

まとめ:優しく、丁寧に

じっくり丁寧に、化粧水を浸透させてくださいね。もちろん、一度すれば終わりという訳にはいきません。毎日の丁寧なスキンケアの積み重ねが、健康で美しいお肌を育てていきます。とは言うものの、早い方であれば2ヶ月ほどでお肌の変化を実感していただけるのではないでしょうか。例えば、お顔のつっぱりを感じなくなったり、夕方になると気になっていた化粧崩れやテカリが気にならなくなったりと、ご自身で気づくことがあるかもしれません。また、化粧ノリがよくなりますので、「肌きれいね」と褒められたり、「ファンデーション変えた?」と聞かれて、お肌の変化を感じる方もいるかも知れませんね。どんな変化が訪れるのか、ワクワクした気持ちで毎日のスキンケアを続けていただけばうれしいです。

さて、最後によくいただく質問を1つ。「化粧水は手のひらに吸収されるから、コットンでつけた方がいいんじゃないの?」という質問です。そのように考えて、化粧水はコットンを使用されている方も多いのではないでしょうか。確かに、私たちの顔の肌が化粧水を吸収するのであれば、手のひらの皮膚も同じではないか、と思いますね。
しかし、実際はそう言うわけでもないのです。とは言っても、「浸透しない」と言えば、嘘になります。
私たちの体は、思っている以上にしっかりと作られていることもあるのです。つまり、顔と手のひらでは同じ皮膚でも違うと言うことです。顔の皮膚に比べ、手のひらの皮膚では角層の厚みそのものが厚くなっています。これは、手で色々な物を触る時に大事な真皮や皮下組織を傷つけないためです。角層が厚いと言うことは、肌のバリア機能も強固なものになっていて、そうそう簡単には外からの侵入を許すことはありません。ですから、化粧水を手でつけても手のひらに吸収されることを心配必要はないと言えるでしょう。ただし、化粧品の使い方として「コットンを使用してください」と言うのであれば、それはその商品の効果を引き出すための使い方ですので、その使い方に従って使用してくださいね。

そして、私が化粧水を手のひらでつけることをオススメする理由は他にもあります。

毎日、自分の肌で触れる。

その行為を通して、ご自身の肌のことをもっとよく知っていただきたい。優しく触れることで、「自分を大切にする気持ち」を育てていただきたいという願いがあります。あなたの肌は、あなただけのものであり、あなた自身でもあります。お肌の調子が良くないと、ついついそのことばかり気になってしまうものです。しかし、ただ洗ったり、つけたりするだけではなく、「なぜかしら?」とじっくりご自身と向き合って見ることも時には必要です。食事のバランスが良くない日が続いたからでしょうか。もしかすると、何か気がかりなことがあって、寝不足になっているのかも知れません。慌ただしい生活の中で、スキンケアの時間が心にゆとりをもたらし、あなたの内面も豊かにするものであってほしい。そういう思いもあり、化粧水は手のひらでつけていただくようにアドバイスさせていただいてます。

「優しく、丁寧に」化粧水を浸透させる、もっとも大切なコツです。

Beautyカテゴリーの記事

日焼け止めについて

「陽のあるところに紫外線あり」1年を通じて、紫外線ケアをすることは、将来のお肌を守ることでもあります。また、最近話題の「飲む日焼け止め」についてもご紹介します。

続きを読む »

「 インナードライ 」とは?

お肌のバリア機能がうまく働かないと気になってくるのが「インナードライ」。湿度が多い夏の方がインナードライになりやすいと言われます。一体、どんな状態のお肌なのか、スキンケアのポイントも一緒に説明していきます。

続きを読む »

お肌の「バリア機能」とは?

雑誌などでもよく目にするようになった、お肌の「バリア機能」。「聞いたことがある。」方もいらっしゃるのではないでしょ
うか?実は、美容だけでなく、お肌の健康のためにも大切な働きを持っています。

続きを読む »

スキンケア用品を使う順番

いつの間にか増えてしまっているスキンケア用品。数が多くて、「一体どうやって使えばいいの!?」と悩んだことはありませんか?基本の手順と使い方を、もう一度復習しましょう。

続きを読む »

補湿と保湿

「化粧水を使うと、お肌は乾燥する。」そんな噂を耳にしたことはありませんか?もしかすると、「正しい保湿ができていない」ことが原因かも知れません。化粧水の働きを理解して、正しい「保湿」を行なってくださいね。

続きを読む »

美容液で補う

「美容成分」と聞くと、何だかワクワクしてしまいませんか?今回の記事は、そんな気になる美容成分と美容液についてです。また、スキンケアにこだわりたい方にもオススメの美容成分も併せてご紹介しています。

続きを読む »

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top

レッスンメニューに関するお問い合わせ

気になることがございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。
ご連絡内容の確認後、2〜3営業日を目安に連絡を差し上げております。

無料相談メールフォーム

メールでの相談をご希望の方は、こちらにご入力ください。
より具体的なアドバイスのため、ご相談内容はできるだけ詳しくご入力くださいませ。
尚、アドバイスの返信まで2〜3営業日かかります。予めご了承くださいませ。

送信前に、入力内容をご確認くださいませ。

お問い合わせ

コラボや接客力向上レッスンなど、気になることがございましたら
お気軽にお尋ねくださいませ。
2〜3営業日を目安に返信させていただいております。