日焼け止めについて

日差しの強い日が続いていますが、紫外線対策はされてますか?お肌の老化現象のうち、8割は紫外線などの「光」が原因だと言われています。紫外線からお肌を守りながら、日差しを楽しんでくださいね。

紫外線と光老化

みなさまは、「光老化」という言葉を聞いたことがありますか?
これは、皮膚の健康研究機構が啓発支援事業の1つとして行なっているプロジェクトの紹介サイトで使われている言葉です。その他の美容記事でも多く使用され、見聞きしたことがあるという方もいるのではないでしょうか?

「光老化」とは、その言葉通り紫外線をはじめとする太陽光などの光が原因で引き起こされた肌の老化現象を指します。

加齢によって起こる老化現象とは異なり、肌のくすみやたるみをはじめ、皮膚ガンも光老化の現象の1つとして考えらており、お肌の老化現象の実に8割は光老化が原因だとも言われているようです(「光老化」啓発プロジェクト委員会)。

日焼け止めの選び方:SPF

日常的に浴びる光の中でも、特にエネルギー量が多くて肌へのダメージが残りやすいのが紫外線です。そのため、光対策=紫外線対策と言っても過言ではないでしょう。

そんな紫外線によるダメージを防ぐ方法は、やはり「ブロック」すること。
UVブロック効果のある衣類を着用したり、日焼け止めを使うことも有効です。日焼け止めを選ぶ際の目安となるSPFとPAについて簡単に説明しておくので、参考にしてくださいね。

まず、数字で表されるSPF。これは、「紫外線B波」をブロックする力の目安を示しています。紫外線B波は、お肌の奥深くまでは到達しないものの、肌表面に炎症(サンバーン)を引き起こします。サンバーンは、ヒリヒリした痛みや赤みを伴うだけでなく、メラニン生成のきっかけとなりお肌を黒くさせます。

SPFは、紫外線B波を浴びた時に、赤みの発生をどれくらい先延ばしにできるか?を表しています。紫外線B波を浴びてから赤みが出るまで、個人差はありますが、だいたい10分〜20分程度かかると言われています。その場合、SPF30の日焼け止めを使うと赤みの発生を30倍先まで遅らせることができるという表示です。つまり、何もつけないと10分で赤みが出る人なら10分×30倍=300分(5時間)。20分で赤みが出る人は20分×30倍=600分(10時間)という計算になります。

ここで注意したいのは、SPFは紫外線B波をブロックする力の指数ではないということです。つまり、日焼け止めを使用しても紫外線B波そのものは防ぎきれませんが、ダメージを軽減することは可能です。

また、紫外線B波が強く作用するのはお肌の表面です。日焼け止めを塗っても、服で擦れたり、汗や水分などで落ちやすいので、こまめな塗り直しが理想です。

日焼け止めの選び方:PA

地上に降り注いでいる紫外線にはもう一つ、紫外線A波と呼ばれる種類があります。
紫外線B波に比べると、エネルギーは強くありませんが、雲やガラスを通り抜け、私たちの真皮にまで到達し、真皮にあるコラーゲンやエラスチンといった成分を傷つけます。また、紫外線の約9割はこの紫外線A波とも言われています(資生堂 日やけ止めはPA++++へ)。

そこで、この紫外線A波をブロックする力を示す指数として使われているのが「PA」という表示です。SPFとは異なり、その効果度合いを「+」の数で表します。+が多いほど、紫外線A波をブロックする効果があり、今のところPA++++が最高です。

飲む日焼け止め

そして、最近出てきたのが「飲む日焼け止め」と言われるタイプの経口サプリです。

ガンによる死亡でもっとも多いガンが皮膚ガンであるアメリカでは、数年前から飲む日焼け止めとして様々な製品が販売されたいたようです。しかし、2018年の米国食品医薬品局(FDA)は紫外線や日焼け止めに関する声明を発表しました。それによると、FDAは国内3社に対して消費者に対し、経口サプリで紫外線によるサンバーン、老化、皮膚ガンを防ぐことができると誤認させるような広告を行い、消費者の健康を危険に晒し、FDAの基準に反する販売行為をしたとして警告を通達したとのことです。また、飲む日焼けに関しては、「塗る日焼け止めに代わるサプリはない」とも明言しています。

また、このFDAの声明文を受けたHuffPostの記事では、インタビューを受けた皮膚科医も「そもそも、飲む日焼け止めは実際に紫外線をブロックしているわけではない」と話しています。

現在、販売されている飲む日焼け止めと呼ばれるサプリは、活性酸素の働きを抑えたり、還元作用の強いビタミンCなどを多く含んでいます。しかし、どの商品も根本的に紫外線を防ぐ(ブロックする)ものではありません。紫外線を浴びてしまった時のために、あくまでも「予防として」飲むものです。

製品の謳い文句から、「飲めば紫外線を防げる」と感じる方もいるようですが、そうではないことを認識する必要があります。また、あくまでも「サプリ」なので、その効果が保証されるものでもありません。もちろん、サプリなので副作用もないですが、成分によってはアレルギーを起こす場合もあるので注意が必要です。

塗る日焼け止めでお肌の外から紫外線対策もしつつ、飲む日焼け止めで内側からもケアをすることがオススメです。

次回の美容コラムは…

次回の美容コラムはお休みです。

それに代わり、休業中のプライベートサロンについて近況をお伝えしたいと思います。
サロンメニュー(レッスン)やオープンの目安など、気になる情報をお伝えします。
お楽しみに!

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email
Share on print
Print

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top

レッスンメニューに関するお問い合わせ

気になることがございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。
ご連絡内容の確認後、2〜3営業日を目安に連絡を差し上げております。

無料相談メールフォーム

メールでの相談をご希望の方は、こちらにご入力ください。
より具体的なアドバイスのため、ご相談内容はできるだけ詳しくご入力くださいませ。
尚、アドバイスの返信まで2〜3営業日かかります。予めご了承くださいませ。

送信前に、入力内容をご確認くださいませ。

お問い合わせ

コラボや接客力向上レッスンなど、気になることがございましたら
お気軽にお尋ねくださいませ。
2〜3営業日を目安に返信させていただいております。