ホームマネジメントのための「5Sの基本」

ホーメマネジメントのための「5Sの基本」

散らかった部屋

ホームマネジメントや家事を行う際には「5S」を意識するのがおすすめです。

ホームマネジメントのための「5Sの基本」

「5S」とは何か?

みなさまは、「5S」という言葉を聞いたことがありますか?
「整理・整頓・清掃・清潔・しつけ」のことで、主に職場環境の改善や維持のために用いられる言葉です。しかし、この「5S」の考え方は職場環境だけでなく、普段の生活にも大いに役立つものです。
そこで、今回の記事では、5Sの基本と、毎日のホームマネジメントに5Sを取り入れるメリットをお伝えします。

「5S」は、日本で生まれた考え方で、海外でも「Five S」として広く取り入れられています。
その内容は、職場環境の改善・維持のために各職場で徹底されるべき基本項目を5つにまとめたものです。5つ項目とは、「整理・整頓・清掃・清潔・しつけ」のことで、これらのローマ字書きの頭文字が全てS(整理:Seiri, 整頓:Seiton, 清掃:Seisou, 清潔:Seiketsu, しつけ:Shitsuke)なので、まとめて5Sと呼ばれています。また、職場によっては、これら5Sに他のS(正確、洗浄など)を独自に加え、6Sや7Sとして掲げている場所もあります。いずれにせよ、その職場で大切にされるべき価値基準を明確にしたものには違いありません。

5Sチャート

「5S」と日常的な整理整頓や清掃などとの違い

5Sの項目を聞いて、「整理整頓なんて、日常的にやっている。どうして今さら?」と感じた方もいるのではないでしょうか?
しかし、5Sにおける整理整頓は日常的な整理整頓とは全く異なるものです。

日常的な整理整頓は、散らかったおもちゃを片付けたり、使ったものを元の場所に戻したり、散乱した雑誌や新聞などは角を揃えて置き直したり、といったことではないでしょうか?

しかし、5Sにおける整理・整頓はそういった事を指すのではありません。
5Sの整理・整頓では、必要なもの・不要なものを分別(整理)し、それぞれを使いやすい場所に定位置を決める(整頓)ことをいいます。一般的な整理整頓、や清掃よりも体系化され、さらに組織的に行われるということも5Sの大きな特徴です。つまり、会社であれば社員全員で取り組むことですし、家庭であればその家族全員で取り組むことになります。

そのため、5Sを始める際には少々時間と労力がかかるのは否定できません。しかし、一度「こういった目的のために、こうして行こう」と決まればとてもスムーズに進みます。

では、5Sの内容をもう少し具体的に見ていきましょう。

  1. 整理:必要なものと不要なものを区別して、不要なものは処分する
  2. 整頓:使いやすい場所に設置する、定位置を決める
  3. 清掃:使うものや場所をきれいに掃除して、いつでも使えるようにする
  4. 清潔:整理・整頓・清掃を維持する
  5. しつけ:ルールをまもり、習慣づける

このように、5Sのそれぞれの項目にはハッキリとした目的があります。これも、普段の整理整頓などとは大きく異なる点です。そして、これらの目的があるからこそ、5Sがもたらしてくれるメリットも大きなものになります。次は、普段の生活で5Sを取り入れるメリットを紹介します。

整理する人形

「5S」を行うメリット

では、一般家庭で5Sを行うメリットとはなんでしょうか?

1つめはやはり、家事の効率化です。
5Sでは、「必要な家事」と「不要な家事」の仕分けを行うので、家事に費やす時間が格段に少なくなります。また、家事に使う道具が使いやすいように整頓されるため、探す手間(=無駄な時間)を省くことができます。そして、必要に応じて家電を活用すれば、家事に費やす時間はさらに短くしながら、今までの以上の結果を出せる(家事の効率が良くなる)のです。

また、5Sには間接的に仕事や生活の質を向上させるメリットがあると言われています。
それは、5Sを始める時には「目的を明確にする」という作業を行うことが関係しているためかも知れません。理想やゴール(目的)を明確にすることから始め、そのためにどうすればいいのか?何が必要なのか?を考えていくなかで、本当に大切なことや問題点が明確になり、取り組むべきことが見えてくるのです。その繰り返しの中で、仕事や家事のやり方に工夫が生まれ、より質の良い仕事や家事ができる。その結果、仕事や生活の質も相対的に向上するのかも知れません。

ただし、仕事や生活の質の向上は「副産物」であって、本来の5Sの目的ではありません。

大切なのは、ゴール(目的)を明確に決めることです。
まずは、普段の家事を行う中で、不便なことはないか?どんな毎日を送りたいのか?と言ったことを明確にすることが重要です。

他にも、普段の生活の中で5Sを行えば、「どうして上手くいかないのか?」と言った、理想の生活を邪魔する原因も見えるようになってきます。これも、5Sで目的をハッキリさせるからこその間接的なメリットではありますが、「問題点と原因の見える化」はとても重要なことです。

実は、5Sを行う直接的なメリットは「作業を行うための最適&快適な環境が整うということぐらいです。しかし、環境を整えていく中で、あるいはその結果として、作業効率が上がったり、問題の解決に繋がっていくのです。

掃除道具の入ったバケツを持つ手

「3S+2S=5S」で考える

最後に、5Sを紹介する際にもう一つ重要なことがあります。
それは、5Sはもともと「3S+2S=5S」だということです。

始めの3S(整理・整頓・清掃)は、環境を整える事を目的に行う取り組みです。
そして、次の2S(清潔・しつけ)というのは、作った環境を維持するために行っていきます。

ホームマネジメントに5Sを取り入れる際には、まず目的を決め、その目的に沿って3S(=環境)を整えていきます。そのため、目的を決めて環境を整えるまでが一番時間と労力を費やす部分ではあります。しかし、家族で集まり、「今の生活や環境(家の状態など)についてどう思うか?」「どんな生活が理想なのか?」と言った会話を通じて、よりお互いのことが理解できるようになります。もしかすると、家族も知らなかった意外な一面が見つかるかもしれませんね。我が家でも、夫はもちろん、子供一緒に家や家庭、家族について時々話し合いをします。大切だけど、普段はあまり話さ合い話題でコミュニケーションを取ることで、お互いをより理解できるようになり、夫婦・家族の絆が強くなったと思います。これも、5Sが与えてくれた大きなメリットですね。

掃除道具

このように、5Sは少々面倒な反面、私たちの生活を理想へ近づける大きな助けにもなるのです。

Life 4 Othersでは、引き続き5Sそのものや、5Sをホームマネジメントに取り入れる具体的な方法についても発信していきます。みなさまも、ぜひホームマネジメントで快適な暮らしを作ってくださいね。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email
Share on print
Print

シリーズの記事を読む

ホームマネジメントに関する記事一覧

タイトル ホームマネジメントバインダーの選び方

ホームマネジメントバインダーの選び方

ホームマネジメントをする時に使いやすいバインダーを紹介します。「バインダー」と言っても文字通りにバインダーである必要はありません。大切なのは、あなたが使いやすく、ホームマネジメントを続けやすい大きさ、使い勝手の良さ、持ち運びの良さを備えているということです。バインダーを選ぶときのポイントも紹介しています。

続きを読む »
タイトル ホームマネジメントバインダーの作り方

【初級編】ホームマネジメントバインダーの作り方

ホームマネジメントバインダーを作って、あなたの「理想の暮らし」を作っていきませんか?今日は、基本のホームマネジメントバインダーの作り方を紹介しています。また、ホームマネジメントバインダーに欠かせない、「理想の暮らし」の考え方のヒントも載せています。

続きを読む »

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to Top

レッスンメニューに関するお問い合わせ

気になることがございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。
ご連絡内容の確認後、2〜3営業日を目安に連絡を差し上げております。

お問い合わせ

コラボや接客力向上レッスンなど、気になることがございましたら
お気軽にお尋ねくださいませ。
2〜3営業日を目安に返信させていただいております。