ホームマネジメントバインダーの選び方

ホームマネジメントバインダーの選び方

こんにちは、Life 4 Others運営のmamieです。今日の記事は、ホームマネジメントバインダーの選び方と具体的な商品を合わせ紹介します。前回の記事「【初級編】ホームマネジメントバインダーの作り方」では、日々の暮らしを効率よく、丁寧に過ごしやすくできるよう、ホームマネジメントバインダーで管理しておくと便利な事柄を紹介しました。今回は、実際に「ホームマネジメントバインだーを作ろう!」という方向けに、ホームマネジメントバインダーたとして使いやすいバインダーはどういうものなのか、選ぶ時に押さえておきたいポイントを紹介しています。また、実際の商品も載せているので、ホームマネジメントバインダーを作るときの参考になればと思います。

もくじ

おさらい:ホームマネジメントバインダーの基本

1|カレンダー
2|食事
3|家計簿
4|保管書類

バインダーを選ぶ時に押さえておきたいポイント

1|大きさ
2|カスタマイズ
3|持ち運び

ホームマネジメントにおすすめのバインダー

1|ほぼ日手帳 カズン
2|A5サイズ システム手帳
3|A5サイズ バインダー(マルマン)
4|トラベラーズノート

まとめ:ホームマネジメントにはA5サイズのリングバインダーがおすすめ

おさらい:ホームマネジメントバインダーの基本

まず、前回「【初級編】ホームマネジメントバインダーの作り方」を振り返り、ホームマネジメントバインダーの基本の中身をおさらいしていきましょう。ちなみに、「ホームマネジメントって何?」という方は、「家事効率を上げる ホームマネジメント」を見ていただくのがおすすめです。

1|カレンダー

ご自身の予定はもちろん、一緒に暮らす家族やパートナーがいる方は、その方の予定も一緒に把握しておくのがおすすめです。「予定を把握されるなんて、管理されているようだ。」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、予定を把握するのは「管理」のためではなく、「大切な人と一緒に過ごす時間を見つけるため」と考えてみるのはいかがでしょうか。大切な人と、かけがえのない時間を過ごし、絆や愛情を深めていく。それは、心安らぐ豊かな暮らしにのためになくてはならない要素かも知れません。そして、そのためには、そばに寄り添い、温もりを感じ、一緒に時間を過ごすことがもっとも有効的だと思います。

また、自分が忘れていた予定を思い出してくれることもありますので、スケジュールの管理はホームマネジメントを始めるにあたって非常におすすめです。

2|食事

毎日の食事は、健康な体を作るために欠かすことができません。しかし、毎日の献立を考え、食事の準備をすることは意外と手間がかかるものではないでしょうは。そんな時には、献立をあらかじめ決めてしまったり、冷蔵庫に残っている食材が書かれたメモだったり、自分や家族が好きなレシピなどがすぐに取り出せると役に立ちますよ。献立を残しておけば、「先週と同じメニューだった。」なんてうっかりもありません。また、レシピをまとめておけば、献立を考えるのにも役立ちます。もちろん、食費の節約にも繋がりますので、食事の管理は体とお財布に優しいので一石二鳥です。

3|家計簿

みなさまは、ご自身や家庭のお金の流れを把握していらっしゃいますか?漠然と将来に対する不安はあるものの、いざ「貯金をしよう!」と意気込んでも、なかなか貯まらない、という方は少なくないようです。そんな時には、まずご自身が使っているお金の流れを把握することが大切です。毎月、どれくらいの収入があり、どれくらいの支出があるのでしょうか。多くの場合、収入源は1つ、または2つといったところでしょうか。しかし、「支出」となるとみなさまそれぞに複雑になっているかと思います。

また、最近では、現金を持ち歩くことなく、クレジットや電子マネーといった現金以外の形でお金を持ち歩くことができるようになりました。しかし、形が見えなくても「お金はお金」です。いくらの支払いをして、どの口座から引き落とされているのか、口座の残金は足りているでしょうか。
まずは、これらを把握していくとことから始めてみるのもいいかも知れませんね。

4|保管書類

日々の暮らしの中で、知らない間に溜まっていく書類の数々。広告のようにすぐに処分できるものもありますが、契約書や覚書は保管しておく必要がありますね。他にも、給料明細や住民税に関するものなども保管の対象でしょう。場合によっては、提出を求められることも出てきます。そんな時に、「あれ、あの書類はどこにいったかな?」と言うのを防ぐために、保管する書類は1カ所にまとめておくのがオススメです。

バインダーを選ぶ時に押さえておきたいポイント

それでは、ホームマネジメント用のバインダーを探す時にはどんな点に気をつければいいのでしょうか?
まず、「バインダー」と言っても文字通りバインダーである必要はありません。

大切なのは、みなさまの「生活スタイルに合う内容が、使いやすいように収納されている」ということです。バインダー選びの3つのポイント「大きさ」「カスタマイズ」「持ち運び」を説明していきます。

1|大きさ

まずは、大きさです。ホームマネジメントでは家そのものや家庭、暮らしに関する様々な事柄を管理していきます。その際、バインダーが小さいと、文字が小さくて見にくかったり、書き込むスペースが少なすぎたりしてしまいます。保管しようと思った書類の方が多くて、バインダーに綴じにくいということも出てくるかも知れません。

オススメのサイズは「A5」です。このサイズなら、書き込むスペースが少ないこともないですし、書類を綴じにくいと言うことも少ないからです。また、カレンダーやノートと言ったリフィルも豊富にあるので、簡単にあなただけのホームマネジメントバインダーを作ることができます。

2|カスタマイズ

ホームマネジメントバインダーは、一度作れば完成というわけではありません。大切なのは、その時々のあなたの生活に合わせてバインダーをの中身を使いやすく、育てていくことです。
その点を考慮すると、必要な内容を付け足したり、あるいは使わなくなったページを取り外しやすい「リング式」のバインダーが使いやすいのではないかと思います。リング式には、システム手帳が一般的で、リフィルもたくさん揃っています。

3|持ち運び

ホームマネジメントバインダーで管理する内容によっては、外出先で確認するような「スケジュール」や「買い物リスト」、「やることリスト」などを綴じる方もいらっしゃると思います。そのような外出先でも確認することがある内容をホームマネジメントバインダーで持ち歩くという場合は、持ち歩きやすい大きさや重さのものを選ぶ方がホームマネジメントを続けやすいと思います。

A5サイスのバインダーだと、少しかさばることがありますので、B6サイズやバイブル(聖書)サイズの手帳やバインダーを選んでみるのはいかがでしょうか。最近は「A5変形」や「A43つ折り」と言った、コンパクトながらも書類を綴じやすいという便利なサイズも登場しています。

ホームマネジメントにおすすめのバインダー

それでは、最後に私がオススメする商品を紹介していきます。先にも書きましたが、ホームマネジメント「バインダー」と言っても、実際にバインダーである必要は全くありません。大切なのは、あなたにとって使いやすいようにカスタマイズできたり、書き込んだりするスペースが十分にあるかどうかということです。ですから、今回載せている商品は「大きさ」「カスタマイズ」「持ち運び」というポイントを重視して紹介しています。

1|ほぼ日手帳 カズン / マークス EDiT(エディット)

まず、スケジュール帳として毎年人気のある「ほぼ日手帳」です。オススメは「カズン」と呼ばれるA5サイズです。
この手帳はマンスリーやウィークリーバーチカルと併せて「1日1ページ」のスペースが用意されているのがいちばんの特徴です。書き込む書き込むスペースはもちろんたくさんです。マンスリー、ウィークリーバーチカル、デイリー(1日1ページ)という豊富なページフォーマットのおかげで、色々なことを記録したり、管理することが可能です。また、A5という大きめサイズではありますが、手帳用紙は「トモエリバー」という非常に薄くて丈夫な用紙を使っているため、様々な筆記具にも対応しているため、非常に人気があります。
ちなみに、ほぼ日手帳には「オリジナル」と呼ばれるA6(文庫)サイズで持ち運びに便利なサイズもあります。

ほぼ日手帳2019公式サイト:https://www.1101.com/store/techo/

また、ほぼ日手帳と同じように1日1ページスタイルの手帳で人気があるのがマークスから販売されているEDiT(エディット)です。
こちらは、ウィークリーページはありませんが、月の始まりに目標などを立てるページが用意されています。とてもシンプルでスッキリとしたデザインが特徴です。用紙も薄く、裏写りしにくい用紙が使われています。

EDiT(エディット)公式ページ:https://www.edit-marks.jp

2|A5サイズ システム手帳

A5でリングサイズのオススメはシステム手帳です。システム手帳の特徴は何と言ってもそのカスタマイズのしやすさです。A5サイズのシステム手帳は、どのブランドのリフィルもサイズがほとんど同じ大きで作られています。そのため、バインダー本体と中身のリフィルに異なるブランドを使用することが可能なのです。システム手帳はリフィルが豊富なので、みなさまの好みに合わせて内容を自由にカスタマイズしていただくことができます。
ちなみに、今年はマークスからピンクがベースカラーのとってもかわいいA5サイズリフィルが登場しています。

マークス公式通販サイト:システム手帳リフィル

3|A5サイズ バインダー(マルマン)

スケッチブックやクロッキー、書きやすいルーズリーフでおなじみのマルマンからも、バインダータイプのスケジュールが販売されています。A5スリムサイズのpuo(ピュオ)とA5サイズのスケジュールです。

A5サイズのリフィルは20穴タイプのため、ルーズリーフバインダーであればどのブランドのものでも使ってただくことができます。バインダーやリフィルの種類は少ないのですが、シンプルで使い勝手の良いデザインが特徴です。
ちなみに、私はマルマンのバインダー「giuris(ジウリス)」を使っています。スケジュールには「ルーズリーフダイアリー」のマンスリー&ウィークリーバーチカルを使用しています。

マルマン公式:ダイアリー紹介サイト

4|トラベラーズノート

「持ち運びしやすい」という点では、このトラベラーズノートがもっとも使いやすいのではないでしょうか。システム手帳やバインダーのリフィルとは違い、こちらはいくつかの「ノート」を組み合わせ使います。ノートのサイズはA4用紙を三つ折りにしたサイズで、小さめのカバンでも持ち歩くことができるサイスです。もちろん、ノートのレイアウトも豊富なので、自由に組み合わせて使うことができます。特徴は、カバーやリフィルノートのシンプルさです。皮を切っただけのシンプルなカバーは、使い込むほどにツヤを増していき、文字通り、「あなただけの」ノートになるのです。国内外にファンが多く、ファン同士の交流も盛んです。フェイスブックやYouTubeでのファンサイトをのぞいて見るだけでも楽しいですよ。また、国内外のネット販売でもトラベラーズノートに着想を得たカバーやリフィルノートがたくさん販売されてます。

ちなみに、トラベラーズノートは元々、文具で有名な「ミドリ デザインフィル」から「ミドリ トラベラーズノート」という名前で販売されていました。しかし、トラベラーズノートの爆発的な人気のおかげで、「トラベラーズカンパニー」として新たなブランドが立ち上げられ、現在にいたります。ミドリ時代から変わらぬ品質、デザイン、そして多くのファンが世界中にいるブランドです。

トラベラーズカンパニー公式サイト

トラベラーズカンパニー通販サイト

まとめ:ホームマネジメントにはA5サイズのリングバインダーがおすすめ

「大きさ」「カスタマイズ」「持ち運び」という3つのポイントから、ホームマネジメントをする時にオススメのバインダーを紹介しました。気になるバインダーや手帳はありましたか?自分にあうバインダーと出会うには、まず使ってみないことにはわからないかも知れません。そんな時には、手帳やノートコミュニティーをのぞいてみるのもオススメです。使い方をイメージしやすい写真がたくさんありますし、質問にも答えてくれます。

個人的には、ホームマネジメントをするなら「A5サイズバインダーを自宅で使う」というのが最も簡単で、ホームマネジメントを続けやすい方法だと思います。私は、ホームマネジメントにマルマンのgiuris(ジウリス)とセプトクルールバインダーの2冊を使用しています。giuris(ジウリス)は仕事に関することをスケジュールと一緒に一元管理し、セプトクルールはホームマネジメントバインダーとして「食事」「お金」「保管書類」の管理を行っています。スケジュールに関しては、仕事とプライベートを分けて記録するのは、不便な点もあるので、一元管理することにしました。スケジュール管理については、改めて別の記事で紹介しようともいます。
色々試して、自分にぴったりのバインダーとシステムを作っていってくださいね。

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on pinterest
Pinterest
Share on email
Email

Beautyカテゴリーの記事

美容液で補う

「美容成分」と聞くと、何だかワクワクしてしまいませんか?今回の記事は、そんな気になる美容成分と美容液についてです。また、スキンケアにこだわりたい方にもオススメの美容成分も併せてご紹介しています。

続きを読む »

化粧水で補う

汗をかいたり、洗顔をしたり、お肌は意外と乾燥しがちです。だからこそ、洗顔後の潤いケアは特に大切なステップになってきます。今回の記事では、そういった保湿の基本や最近よく耳にする「セラミド」についてもお伝えします。​

続きを読む »

オイルクレンジングならW洗顔は不要

薄づきメイクも、しっかりメイクも、オイルクレンジングならW洗顔不要できれいに洗うことができます。また、オイルクレンジグには欠かせない「乳化のコツ」や気になる「界面活性剤」についても説明します。

続きを読む »

洗顔はメイクとのバランスが大事

洗顔料を選ぶ時、何を基準に選んでいますか?値段、使いやすさ、何となく気になるもの?実は、メイクと洗顔料のバランスが悪いと、お肌悩みの原因になることもあります。メイクを洗顔料のベストバランスについて考えてみませんか?

続きを読む »

W洗顔とは何か?

お肌の汚れをきれいに落とす。そのためには、「W洗顔」は有効です。「洗い過ぎが心配…。」という方も、このコラムで正しい洗顔方法を知って、お肌に優しいW洗顔を行なってくださいね。

続きを読む »
title image-jul03

2種類の汚れ:水性の汚れ・脂性の汚れ

毎日外気にさらされる私たちのお肌には、実はたくさんの汚れがついています。そして、汚れには大きく分けて2種類あります。汚れの特性によって落とし方が異なりますので、その違いを知ってくださいね。

続きを読む »
阪急百貨店公式通販サイト HANKYU E-STORES

“ホームマネジメントバインダーの選び方” への1件のコメント

  1. ピンバック: 【初級編】ホームマネジメントバインダーの作り方 - Life 4 Others

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です